デジタル Guide&Seek

MacBookやiPadといったApple製品、周辺機器のレビューやアプリの活用法を紹介していきます。

Apple Payについて


Apple Payについて

iPhoneにあるWalletアプリ、いつも気になってはいたんですが特にタップすることもなく😅あれってApple Payのアプリだったんですね。
今回はApple Payについて記事を公開します。


Apple Payとは

 Appleの電子財布及び決済サービスのことをいいます。
iPhoneiPadにクレジットカードの番号を登録して、店舗側の端末で認証・決済を行うものです。
支払い情報を店舗側に知られることなく決済でき、セキュリティ面も安心のシステムとなっています。
iPhoneにあるwalletでApple Payを管理します。iPhoneをなくした際はiCloudにサインインして「iPhoneを探す」で「紛失モード」をオンにして停止させることができます。

利用できる電子マネー

 Apple Payはあくまで決済サービスなので、それ自体が電子マネーではありません。
実際に利用できる電子マネーSuica②iD③QUICPayの三種類となっています。
この中でもSuicaは事前に入金しておかなければ使えません。iDやQUICPayは後払いとなっています。

対応カード

 Apple Payを利用するにあたって一番わかりにくいのがこれだと思います。
私も調べていて、かなりわかりにくかったです。AppleのHPを見ても対応デバイスは親切に表記されているのですが、対応カードは表記されていませんでした。
ですが、上記の電子マネー3種類のいずれかを使って決済するのですから、Suica、iD、QUICPay対応のカードとなります。


Suica対応のクレジットカード
 VIEW Suicaカード、イオンSuicaカード、ビックカメラSuicaカード、
ルミネカード、大人の休日倶楽部ミドルカード等


・iD対応のカード
三井住友VISAクラシックカード、三井住友ゴールドカード、
dカード、オリコカード・ザ・ポイント


QUICPay対応のカード

QUIC PayのHPより転載

お支払いが便利

 Touch IDまたはFace IDを用いて認証することができます。実店舗ではiPhone等をかざして買い物ができます。
また、インターネットでは、対応するアプリやwebでも情報を入力することなくTouch IDで購入手続きが簡単に行うことができます。

もう少し深く見ていきます。楽天カード(クレジット機能付き)はApplePayを使えないんでしょうか。
調べていくと、楽天カードでApplePayに登録することで使用することができるようになります。
その際に使用する電子マネーQUICPayです。
iPhone楽天カードアプリをインストールして開くと「Apple Payを始める」と案内されている部分があります。

なので、たとえ上記のカードを持っていなくても使用できますね。
ですが、楽天カード楽天Edyに手厚いサービスを持ってきているので、電子マネーを使い分けるのは少し大変だとは思います。