デジタル Guide&Seek

MacBookやiPadといったApple製品、周辺機器のレビューやアプリの活用法を紹介していきます。

【簡単】iPhoneのスクリーンショットの仕方

今回はiPhoneスクリーンショットの仕方、サイズの軽いjpegで保存する方法、縦長の全体図を取り込む方法、必要な範囲だけ取り込む方法、を紹介します!

 

 

iPhoneスクリーンショットの方法解説

当記事は以下の人たちに向けて書かれています。

基本的なiPhoneスクリーンショットの仕方

iPhone(Apple製品)の基本的な使い方や操作にまだ慣れていない人は、まずスクショの仕方を確認しましょう。使用しているiPhoneのバージョンにより異なります。

iPhoneスクリーンショットを撮る方法は以下の通りです

サイドボタンと音を上げるボタンの同時押し

ホームボタン(スリープボタン)とサイドボタン(音量ボタンではないボタン)の同時押し

 

 背面タップでもスクショ撮影が可能です。

  • 背面タップ(iOS14以降)

iOS14以降、背面を2回か3回、タップすることでスクショが可能になりました。

ホーム画面から「設定」→「アクセシビリティ」にいき、「タッチ」を選択します。
「背面タップ」のダブルタップ(2回タップする)、トリプルタップ(3回タップ)に行動を登録できるので「スクリーンショット」を選択する。
素早く3回タップするのは難しい人もいるので、ダブルタップがトントンと2回タップで使いやすいです。

 

f:id:tket:20210808184445p:plain

 

 

iPhoneスクリーンショットjpegで保存する設定

 

iPhoneの「設定」→「カメラ」→「フォーマット」→「互換性優先」に移動します。

f:id:tket:20211123233144p:plain

互換性優先をオンにします。

f:id:tket:20211123233254p:plain

以上で完了です。

iPhoneスクリーンショットを範囲指定する方法

  1. スクリーンショットを撮る
  2. 左下に出てくるサムネイル画像をタップする
    ※しばらくすると消えてしまうので注意して下さい。
    f:id:tket:20210808184515j:plain
  3. 範囲を指定する
    下の画像の四隅の「 」のような太枠になっている部分を動かして範囲を選択します。
    四角の形自体は変更できませんが、感覚的に細やかな調整ができます。
    今回は例として、日にちの部分を範囲選択してみます。
    f:id:tket:20210808184604p:plain
    f:id:tket:20210808185126p:plain
  4. 左上の「完了」を選択して保存する。

保存場所を選択すると保存が完了します。

 

 

iPhoneスクリーンショットを縦長の全体を撮る方法

スクロールをしないと全体が見えないWebページもスクショできるのか?大丈夫です、できます。
iPhoneiOS 13以降はWebページの全体をスクリーンショットで撮ることが可能です。SafariでもGoogle Chromeでも可能です。
(※iPhoneは13でなくてもできます。)

方法を解説していきます。

  1. スクリーンショットを撮る。

    f:id:tket:20211123232616p:plain

  2. 左下のサムネイル画像をタップする。
    (※ここまでは上の範囲指定と同様です)
  3. 画像の上部分の「フルページ」を選択する。

    f:id:tket:20211123232706p:plain

    すると、スクリーンショットを撮った際には表示されていなかった部分が表示されます。

    f:id:tket:20211123232817p:plain

  4. 完了を選択してPDF保存する。

※保存後に追加された写真編集で縦長に変更することはできないので注意が必要です。

 

 

iPhoneのスクショの音を消す方法

iPhoneの左側側面上部にある消音ボタンをオンにして消音モードにします。
スイッチを下にすると消音モードになります。
すると、スクリーンショット無音の状態でスクショを撮ることができます。

 

 

 

iPhoneのボタン一つでスクショを撮る方法

assistive touch機能を使用することで、アイコンボタンをワンタッチでスクショ撮影が可能です。

設定方法は、次の通りです。

  1. iPhoneの「設定」をタップ
  2. →「アクセシビリティ
  3. →「タッチ」
  4. →「AssistiveTouch」に進みます。
  5. そして、一番上の「AssistiveTouch」をオンにします。
  6. その下の「シングルタップ」をタップして「スクリーンショット」を選んで完成です。

AssistiveTouchの設定画面



 

iPhoneでスクショ動画を撮影する方法

コントロールセンターの画面収録

iPhoneをカスタマイズすることでスクショの動画ファイルをコントロールセンターから撮影可能です。
スクショの動画ファイルとはiPhoneの画面録画を意味します。

コントロールセンターは、一本指をiPhoneの右上から下に持ってくるとと表示されます。

  1. iPhoneの「設定」をタップ
  2. 「コントロールセンター」
  3. 「コントロールを追加」から「画面収録」の「+」をタップ
  4. コントロールセンターを開いて画面収録アイコンが増えていれば完了です。

画面収録の設定画面



 

いかがでしたか?

スクリーンショット機能はとても便利なので、活用できる機会が多いです。
ぜひ今日から使用を開始してみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

tk-original.hatenablog.com