デジタル Guide&Seek

MacBookやiPadといったApple製品、周辺機器のレビューやアプリの活用法を紹介していきます。

首コリ軽減!「マグネループSPORTS」のレビュー記事

首コリ軽減!「マグネループSPORTS」のレビュー記事

今回は「マグネループSPORTS」のレビュー記事となります。

 

マグネループSPORTSとは

f:id:tket:20201206223728j:plain

マグネループSPORTS(マグネループスポーツ)は、首こりや肩こりの解消や軽減の効果がある製品です。

 

コロナ禍による在宅ワークの増加でクビや肩のこりに悩みを持つ人が少しずつマグネループに注目が集まってきています。

それもそのはず。

こちらはピップエレキバンでお馴染みのピップから発売されているためです。

以前レビューしたマグネループEXがとても効果を実感できたため、今回マグネループSPORTSを購入して3ヶ月ほど使用してみました。

「マグネループEX」の記事はこちらです。

tk-original.hatenablog.com

 

 マグネループSPORTSのサイズは2種類です。

・34cm〜42cm(調節可能)

・42cm〜50cm(調節可能)

カラーは3種類ですが、両サイズあるのは黒のみとなっています。

(34-42cmのみ)

・黒(34-42cm,42-50cm)

(42-50cmのみ)

 今回、私がレビューしているのは黒の42−50cmになります。

f:id:tket:20201206223756j:plain

マグネループSPORTSの特徴

磁力による血行改善

f:id:tket:20201206224346j:plain

最大磁束密度が150ミリステラの磁石×6粒ついています。

と数字を見てもよくわかりませんが、ピップエレキバンを使用したことのある人は、その効果をよくご存知かと思います。

 

そのピップエレキバンは80ミリステラ、130ミリステラ、200ミリステラで商品化されています。

 

恐らく一般的には、130ミリステラを使用したことのある人が多いのではないでしょうか。

そこを考えると、150ミリステラは十分な効果を得られる数字であることがわかりやすいと思います。

長さ調節が可能

f:id:tket:20201206224645j:plain

従来のマグネループexではできなかった長さ調節が可能になっています。

この凹凸の部分を右に引っ張ることで調節します。

これにより、肌とピッタリ付く状態を維持することができ、しっかりと効果を得られます。

また、人によって首の太さは異なります。

そのため、規定サイズのマグネループを購入したとしても、大き過ぎたりすることもあります。

長さが調節可能なことによって、動いた際のパタパタといった浮き具合がなくなります。

ランニングやスポーツの妨げにもならず付けておくことができます。

運動中にも付けていられると言うのは一つのポイントですね。

 

余談ですが、成人男性の私でも初期状態の42cmで苦しくなく使用できました。

首のコリに対しての使用感

肝心の首コリに対する効果は、実感できる効果があります。

ただ私の使用した感じだと、従来のマグネループexの方がより高い効果を実感できました。

これは搭載されている磁石の強さが違っていることからも確かだと思います。

スポーツタイプは150ミリステラ×6個、

対して 従来のマグネループEXは150ミリステラ×4個と75ミリステラ×16個となっています。

150ミリステラの磁石個数は2個ばかり多いですが、全体の磁石数を見ると一目瞭然ですね。

 

ランニングやスポーツ等、身体を動かして汗をかき血行を良くすることで老廃物や疲労物質が流れて体調が良くなったりスッキリします。
マグネループSPORTSはそういった効果を得やすくするための製品に近いと思います。
特に運動をせず、辛い首こりや肩こりを今すぐ治したい場合はマグネループEXの方が適していると思います。 

ですが、私も運動時以外に使用していますが効果はありますので、安心してください。
比較した際にどちらがより効果が得られたかというだけの話です。

デザインの使用感

f:id:tket:20201206224426j:plain

 落ち着いた色合いのチョーカータイプでカッコいいデザインになっています。

長さ調節が可能になったため、首に合わせることができます。

そのため、デザイン性はマグネループより上がっていると思います。

一見するとオシャレなアイテムに見えます。
肩こり、首こり対策のピップ製品だとはなかなか気付かれません。

 

注意点

外す際に白いコネクタ部分が動くようになっているのですが、この白い部分右側か左側どちら側に引っ張るかわからなくなることがあります。

凸凹を後ろにして左側が正解です。

つまり、右手で白色の部分を持ちましょう。

f:id:tket:20201206225233j:plain