デジタル Guide&Seek

MacBookやiPadといったApple製品、周辺機器のレビューやアプリの活用法を紹介していきます。

MagGo リング!Anker 610 のレビュー【パステル】

AnkerのiPhone用マグネット製品、MagGO。
リングのパステルカラーはその中でも、目を惹きます。
今回は、Anker 610 Magnetic Phone Gripのレビューとなります。

MagGoシリーズのバンカーリング

f:id:tket:20220210105133j:plain

MagGo リングの開封

バンカーリングは付けたいけど、必要な時以外は外しておきたい。
バンカーリングスマホやケースにシール接着したくない。
安っぽいバンカーリングは嫌だ。

大丈夫です、MagGoのリングなら全部満たせます。

 

MagGoリングの最大荷重

f:id:tket:20220210105024j:plain

iPhone12ProMax + MagGoリング 装着図

MagSafeに対応しているので、 マグネットによる取り外しが簡単です。
付けたい時に付けて外したい時に外せる、場面ごとに取り外しを選択できます。

肝心の磁力も強力なため、
バンカーリングに指をかけて逆さにしてもiPhoneは落下しません。
最大荷重は800gと強力なマグネットが使用されています。

 

MagGoリングの種類・価格

f:id:tket:20220210105316j:plain

Anker MagGoリング 裏面(接着面)

カラーは4色。
オーソドックスなホワイトやブラックに加えて、
目を惹くのが、ブルーやパープルのパステルカラー。

落ち着いた色合いで少しのアクセント。
目立ち過ぎず、自然にiPhoneのファッション性を高めてくれるアクセサリー。

色合い、質感、共に高級感が漂います。

 

リングの価格としては、MagGoは高めの2000円。
「高い」と思うかは人によりますが、
個人的には、便利になったので見合う価値はあるかなと思います。

シールで接着する必要がないMagSafe対応はストレスフリーで非常に便利です。

そもそもMagGoのリングは機能性が高く、用途として

といった使い方がメインです。

可動域の限界は画像の通り最大90度を超えます。充分。

f:id:tket:20220210105456j:plain

Anker バンカーリングの可動域

 

MagGoリングの重量・厚み

MagGoリングの重量

iPhone等に一般的なバンカーリングをつけると、
「どんな点で困るか」というと、
重くなること、厚みが出ることです。

スマホを持ち上げて電話する時なんかは、
がっちりホールドしているため、バンカーリングが不要な人も多いのでは?

バンカーリング自体の重さは知れてますが、
長時間持ち上げ続けると、少しずつ負担になってきます。
厚みはせっかくのiPhoneのスマートさを台無しにしてしまいます。

こういう時にMagGoのバンカーリングはさっと取り外せます。

MagGoのリングは厚みが0.5mm。
MagGoリングの重さは28.4g。

取り外した後もカバンやポケットに無理なく収納できます。

f:id:tket:20220210105408j:plain

Ankerバンカーリング 表面(外側)

必要ない時は取り外して、スマートにiPhoneを使える、
地味ですが、これって結構すごいことなのでは?

 

私はMoffに定期券を入れるので、
必要に応じてMagSafe部分をバンカーリングだったり、
Moffだったり付け替えています。

 

 

このように、便利なMagSafeに対応したスタイル、
興味を持たれた方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。